気候変動テック、Electricity Maps が電力最適化ソリューションで500万ドルを調達

5月7日、気候変動テクノロジーのスタートアップ、Electricity Maps は、500万ユーロ (540万米ドル) を調達したと発表。同社は、世界の電力網を地図化し、エネルギーデータを見える化し、脱炭素をサポートするソリューションを拡大するとしている。

Electricity Maps(デンマーク;2016年設立) によると、同社のサービスを導入すると電力源を定量化したデータを企業に提供することで、電力使用での二酸化炭素排出量を理解でき、削減できるようになるとのこと。同社のソリューションは、企業が電力使用上の二酸化炭素排出について詳細なレベルで開示するのに役立つ。

特に、多くの再生可能エネルギー源が送電網に追加されることで、より多くのグリーン電力が送電網で利用できる場合に備えてエネルギー使用を計画するのに役立つ。

Electrical Map のプラットフォームは現在、米国、ヨーロッパ、オーストラリア、南米とアジアの主要な都市 230の地域をカバーする排出量と電力源に関するデータへのアクセスを提供。同社によると、世界中で詳細にマッピングすることでデータプラットフォームを拡張し、より関連性の高いアプリとAPI連携を実現するとしている。

【参照ページ】
(原文)Electricity Maps raises €5M to scale its global impact

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る