BASF、紙・板紙のサーキュラー促進に向け、2種類の接着剤を新開発

 

2月14日、BASFは、粘着性と剥離性を両立した接着剤「Acronal RCF 3705」・「Acronal RCF 3706」の開発を発表した。

今般BASFが開発した接着剤は、「Papiertechnische Stiftung」(PTS)から認定を受けている。PTSは、あらゆる分野の企業に対し、最新の繊維を用いたソリューションの開発・適用を支援するドイツの研究・サービス機関である。

今回開発した接着剤はプロセスの早い段階で簡単に剥がすことができるため、再生紙や板紙パッケージの再利用や印刷を問題なく行うことが可能であり、パッケージングリサイクルにおける根本的な問題解決へとつながる。

本ソリューションは、EUのグリーン・ディールに掲げられている持続可能な循環型経済の実現に向けたBASFのコミットメントを再確認する契機となる。EUはグリーン・ディールを成立させることで、2050年までに産業と社会における気候変動をニュートラルにする目標を掲げており、BASFも目標達成に向け、2020年に業界横断的な連合体であるCELAB(Toward a Circular Economy for Labels)の創設メンバーとなった

CELABは、ラベル業界の環境負荷を低減するためのソリューションに取り組み、あらゆる業界の自己粘着ラベルのサーキュラー化を目指す。またBASFの革新的な接着剤技術は、今後他セクターのサーキュラー促進にも着手する。

【参照ページ】
(原文)BASF has developed new adhesives for labels that no longer interfere with paper and paperboard recycling
(日本語訳)BASF、紙・板紙の再利用促進に向け、2種類の接着剤を新開発

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る