WBCSDとKPMG、食料・農業セクターに影響を与えるリスクの分析レポートを発表

 

2月15日、持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)とKPMGは、食品・農業セクターに影響を及ぼすリスクとリスクマネジメントを分析した報告書を発表した。本報告書では、食品・農業セクターに影響を及ぼすリスクの側面に関する最新の分析と、企業にとっての最善のリスクマネジメントについて説明している。

本報告書は、食品・農業セクターで事業を行う12社が共有する洞察に基づいた見解を示している。本報告書は、リスクの重大性と発症のスピードがより高いことを強調している。これにより、食品・農業関連企業は、一般的に個々のリスクの影響と可能性に焦点を当てた従来のアプローチを超えて、リスク管理手法を改善することが可能になる。

最も影響力のあるセクターリスクは、「食品の品質と価格」・「長期的利益と短期的利益の断絶」・「多様化ではなく規模重視」などである。本報告書は 2020 年の出版物の分析に基づいて、強化されたリスク評価手法を食品と農業のリスク状況に適用して、さらなる分析を示している。

WBCSDは食品・農業部門に関連するリスクに戦略的に対処する必要性を、WBCSD戦略2022-2027に反映しており、食品と農業を、バリューチェーンを変革し相互に関連した方法で、気候・自然・公正な行動というグローバルな持続可能性の必須課題を解決する6つの主要経路の1つとして位置付けている。

【参照ページ】
An enhanced assessment of risks impacting the food and agriculture sector

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る