WBCSDとKPMG、食料・農業セクターに影響を与えるリスクの分析レポートを発表

 

2月15日、持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)とKPMGは、食品・農業セクターに影響を及ぼすリスクとリスクマネジメントを分析した報告書を発表した。本報告書では、食品・農業セクターに影響を及ぼすリスクの側面に関する最新の分析と、企業にとっての最善のリスクマネジメントについて説明している。

本報告書は、食品・農業セクターで事業を行う12社が共有する洞察に基づいた見解を示している。本報告書は、リスクの重大性と発症のスピードがより高いことを強調している。これにより、食品・農業関連企業は、一般的に個々のリスクの影響と可能性に焦点を当てた従来のアプローチを超えて、リスク管理手法を改善することが可能になる。

最も影響力のあるセクターリスクは、「食品の品質と価格」・「長期的利益と短期的利益の断絶」・「多様化ではなく規模重視」などである。本報告書は 2020 年の出版物の分析に基づいて、強化されたリスク評価手法を食品と農業のリスク状況に適用して、さらなる分析を示している。

WBCSDは食品・農業部門に関連するリスクに戦略的に対処する必要性を、WBCSD戦略2022-2027に反映しており、食品と農業を、バリューチェーンを変革し相互に関連した方法で、気候・自然・公正な行動というグローバルな持続可能性の必須課題を解決する6つの主要経路の1つとして位置付けている。

【参照ページ】
An enhanced assessment of risks impacting the food and agriculture sector

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る