UKSIF、 英政府によるサステナブル・ファイナンスの危険性を指摘。長期的な政策を要求

8月28日、英国持続可能投資金融協会(UKSIF)に加盟する36金融機関は、英政府による最近の方針が、金融セクターがネット・ゼロを達成し、経済成長に必要な変革的投資の実施を妨げる危険性があると警告した。

本警告は、ジュピター・アセット・マネジメント、スコティッシュ・ウィドウズ、エイゴン、ロイヤル・ロンドンなどの金融機関が署名した英リシ・スナク首相宛ての書簡で発表された。

本書簡は、政府による長期的な明確化がなければ、ネット・ゼロ達成に必要な年間500〜600億ポンド(約9〜11兆円)の投資は実現しないと言及。予測可能なカーボンプライシング・メカニズム、EVへの移行、住宅のエネルギー効率基準の改善など、投資を促進する重要な政策の柱が突然変更されないことを明確にすることで、確実な長期的な政策を提供するよう政府に求めている。

【参照ページ】
(原文)Letter from UKSIF: Finance industry warns Rishi Sunak of consequences of climate wavering
(日本語参考訳)UKSIF、 英政府によるサステナブル・ファイナンスの危険性を指摘。長期的な政策を要求

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  2. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
  3. 2024-7-16

    ESMA、ESRSの新たなパブリックステートメントを発表

    7月5日 、欧州証券市場監督局(ESMA)は、欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)の初回適用に…
ページ上部へ戻る