三井化学、トレーサビリティを付与した再生プラスチック材の実証販売を開始

 

2月1日、三井化学株式会社は、石塚化学産業株式会社が三井化学と日本IBMとの間で開発したブロックチェーン技術を用いた資源循環プラットフォームを活用し、トレーサビリティを付与した再生プラスチック材を販売開始すると発表した。

本再生プラスチック材は、再生原料となる使用済み製品の回収・解体を株式会社ツルオカが行い、再生プラスチック材の製造・販売を石塚化学産業が行う。

今回の実証販売は資源循環プラットフォームを活用することで、再生プラスチック材のトレーサビリティの担保のほか、製造工程、検査工程、物性情報や品質情報等の可視化およびCO2排出量(参考値)の明確化が可能になる。

三井化学は、今後も資源循環型経済の実現に向け、現プラットフォーム参加者および新たな参加者と協働しながら他製品でも実証実験を重ね、実装に向けた活動を進める。

【参照ページ】
資源循環プラットフォーム活用で、トレーサビリティを付与した再生プラスチック材の実証販売開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る