Datamaran、約18.7億円の資金調達を実施

ESGリスク管理ソフトウェアのプロバイダーであるDatamaranが約18.7億円の資金調達を行いました。

9月21日、ESGリスク管理ソフトウェアのDatamaranは、シリーズB資金調達ラウンドを完了し、約18.7億円の資金を調達したと発表した。

Datamaranのソフトウェア分析プラットフォームは、ESGを含む外部リスクを特定・監視し、ユーザーのビジネスやバリューチェーンに特有の戦略的リスク、規制リスク、風評リスクに関するリアルタイム分析を提供するものだ。同社は最近、J.P.モルガンの新しいESGディスカバリープラットフォームの二重の重要性フレームワークに採用され、重要性評価モデルを提供している。本モデルは、企業の開示、規制、メディアからのデータを活用して、市場に財務的影響を与える可能性のある新しい話題を予測することができる。Datamaranを使用しているその他の企業には、Dell、Walgreens、PepsiCoが含まれる。

Datamaranは、同社のソリューションに対するビジネスリーダーからの関心が急増していると述べている。同社は昨年、企業幹部の外部リスクおよびESGリスク管理の自動化を目的としたDatamaran for Executivesソリューションを発表し、現在では経営幹部クラスの利用者が売上の40%以上を占めていることを明らかにした。

同社は、今回の資金調達ラウンドで得た投資資金を、さらなる製品イノベーションを可能にし、米国チームの拡大をサポートするために使用すると述べている。

今回の資金調達は、Fortiveが主導し、Datamaranの顧客でもあるAmerican Electric Powerが参加した。

【参照ページ】
(参考記事)UK-based Datamaran secures €13.3M for its ESG risk management software platform
(日本語訳)英国Datamaran社、ESGリスク管理ソフトウェア・プラットフォームで1330万ユーロを確保

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る