カーボン・チェーン、小売サプライチェーンの排出量管理ソフトを発表

4月9日、気候会計ソフトウェア開発のカーボン・チェーンは金属やエネルギーサプライチェーンに関わる新たなカーボン・レポーティング・ソリューションを発表した。

本ソリューションは、小売サプライチェーンにおける透明で正確な情報開示に対する規制上の要求と利害関係者の要求の高まりに対応することを目的としている。

英国を拠点とする2019年設立のカーボン・チェーンによる炭素会計プラットフォームは、きめ細かな資産レベルのデータで排出量追跡を自動化し、企業や金融機関にスコープ3とサプライチェーン排出量の可視性を提供する。原材料の抽出から消費に至るバリューチェーン全体からデータを収集することでカーボン・トレーサビリティと製品のカーボンフットプリントを可能にし、また排出量を削減機会を発見できる。

同社は2023年、炭素会計ソリューションの構築を支援するため、1,000万ドル(150億円)の増資を行った。

カーボン・チェーンによると、本発売は2024年春の製品リリースの一環で、一連の主要なアップデートが含まれている。その中には、温室効果ガス・プロトコルに沿った製品のカーボンフットプリントと企業排出量報告書を自動生成できる新たな集中ハブ「カーボン・レポーティング・ハブ」、EUの炭素国境調整メカニズムの影響を受ける輸入業者向けの「CBAMコンプライアンス」、CBAMコンプライアンスと持続可能性報告のための製品ライフサイクルとスコープ3排出量計算をサポートするためにサプライヤーとのデータ交換を可能にする「サプライヤー・エンゲージメント・モジュール」などがある。

【参照ページ】
(原文)Spring Product Release: Introducing CarbonChain Comply
(日本語参考訳)春の新製品:Carbon

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る