WBCSD、CFO向けにESGの「S」を進める入門書を発表

 

3月7日、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)は、Shiftと共同で、CFO向けにESGの「S」を進めるための入門書を発表した。

社会的課題は、ビジネス・アジェンダの中でより高い優先度を持つようになってきている。これは、不平等が事業運営、バリューチェーン、ビジネスモデルの回復力を脅かすシステミックリスクであるとの認識が高まっていることが一因である。新たなデューデリジェンス規制や報告基準により、企業に期待されることが明確になってきている。

CFOは、企業の社会的パフォーマンスを伝える上で、企業の影響と財務パフォーマンスを結びつける役割を担っており、発展的ではあるが重要な役割を担っている。また、CFOは、投資家、規制当局、基準設定者と連携し、社内および社外のステークホルダーによる「S」の測定・評価方法を指導・実施することが求められている。

本入門書は、CFOネットワークのCFOと共に作成され、企業の社会的パフォーマンスの「何を」「誰が」「どのように」の概要と、そのパフォーマンスの測定を改善するための主要な推奨事項を網羅し、新たな要求と課題に取り組むCFOに重要な出発点を提供する。

一連の作業は、WBCSDのCFOネットワークの一部であり、あらゆるセクターや地域から50名のCFO が集まっている。CFOネットワークのメンバーは、オープンな議論やグローバルな基準設定プロセスへのインプットを通じて、ESGの「S」の水準を高めるために協力している。

【参照ページ】
Advancing the “S” in ESG

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る