カルフール アルゼンチン、IBMのブロックチェーン技術で牛肉トレーサビリティを実現

カルフール アルゼンチン、IBMのブロックチェーン技術で牛肉トレーサビリティを実現

7月26日、Carrefour Argentinaは、商品の原産地を顧客に知らせ、食品プロセスの安全性と品質を強調するために、Huella Naturalブランドで販売される牛肉にIBMのブロックチェーン技術を利用することになったと発表した。

この技術の導入により、買い物客は食品ラベルに印刷されているQRコードをスマートフォンで読み取ることで、食品の原産地や製造工程に関する詳細な情報を見ることが可能となる。

カルフールは、フランス、イタリア、スペイン、ベルギー、ルーマニア、ブラジル、台湾などの国で、すでにブロックチェーンを利用している。同社は、2018年にフランスでの採用を発表して以来、食品トレーシング目的でのブロックチェーン導入の先駆者となっている企業だ。2021年には、このソリューションを衣料品にも拡大し、現在では38カテゴリーの1200以上のアイテムが新技術を用いて完全に追跡可能となっている。

【参照ページ】
(原文) CARREFOUR ARGENTINA ADOPTS BLOCKCHAIN TECHNOLOGY IN ITS HUELLA NATURAL BEEF CUTS
(翻訳) アルゼンチンのカルフール社が「Huella Natural」のビーフカットにブロックチェーン技術を採用

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る