IRENAとDPワールド社、港湾・海上物流における脱炭素ソリューションの推進で協力

11月23日、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は、アラブ首長国連邦(UAE)を拠点とする世界的なサプライチェーン・ソリューション企業であるDPワールドとパートナーシップを締結した。本協定により、両機関は海運・港湾セクターの脱炭素化、現在のインフラ、物流、プロセスをエネルギー転換の需要に合わせること、再生可能燃料の使用と電化の拡大について協力する。

IRENAのWorld Energy Transitions Outlookによると、インフラのアップグレードは、低コストの供給地域と高需要地域の間の再生可能燃料の世界的な取引に対応する必要があり、エネルギーシステムの多様化と弾力性を促進するために積極的に各国を結ぶ必要がある。海運部門自体もまた、1.5℃目標に沿うために、多様な低炭素燃料の組み合わせに頼る必要があり、2050年までにアンモニア、メタノール、水素が燃料ミックスの61%近くを占めるようになる。

本合意を通じて、IRENAとDPワールドは、これらの自然エネルギーに基づく燃料の利用を増加させることが可能な供給、インフラ、技術的な課題に対処するための取り組みを拡大するために協力することを目指している。

【参照ページ】
(原文)IRENA and DP World Join Forces to Advance Decarbonisation Solutions for Ports and Maritime Logistics
(日本語参考訳)IRENAとDPワールド社、港湾・海上物流における脱炭素ソリューションの推進で協力

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る