BMW、アプリなしで充電可能かつ複数の充電契約を統合したEVを発表

EV

9月12日、BMWグループは、 充電ステーションで車両を自動的に認証する「Plug&Charge」機能を搭載したEVを2023年半ばから販売すると発表した。

新機能により、顧客は充電カードやアプリを使用せずに、公共の充電ポイントで電気を充電できるようになる。充電プロセスの開始と課金に必要な認証は、車両と充電ステーション間のデータ交換により自動的に行われる。

アプリで充電を開始するのとは異なり、車両による自動認証のため、充電場所でのオンライン接続は必要ない。地下駐車場などでは利用できるため、柔軟性や利便性が高い。

また、Plug&Chargeは、BMWが開始したIONITY充電ネットワークにアクセス可能。 これにより、複数の充電契約を車両にデジタル保存し、自動認証で簡単に充電ステーションを利用できる。

同機能を利用する条件は、対応するプロバイダーが、Hubjectのヨーロッパ全域をカバーするeRoamingネットワークに接続されていることのみだ。

BMWグループは、9月12日からベルリンで開催されるIntercharge Network Conferenceで、「Multi Contract Plug&Charge」機能を初めて公開デモンストレーションする。

【参照ページ】
(原文)Charging without an app and card: BMW Group introduces Plug & Charge function and is the first manufacturer to integrate multiple charging contracts in the car.
(日本語訳)アプリとカードなしの充電: BMW グループはプラグ & チャージ機能を導入し、複数の充電契約を車に統合した最初のメーカーです。

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る