BMW、アプリなしで充電可能かつ複数の充電契約を統合したEVを発表

EV

9月12日、BMWグループは、 充電ステーションで車両を自動的に認証する「Plug&Charge」機能を搭載したEVを2023年半ばから販売すると発表した。

新機能により、顧客は充電カードやアプリを使用せずに、公共の充電ポイントで電気を充電できるようになる。充電プロセスの開始と課金に必要な認証は、車両と充電ステーション間のデータ交換により自動的に行われる。

アプリで充電を開始するのとは異なり、車両による自動認証のため、充電場所でのオンライン接続は必要ない。地下駐車場などでは利用できるため、柔軟性や利便性が高い。

また、Plug&Chargeは、BMWが開始したIONITY充電ネットワークにアクセス可能。 これにより、複数の充電契約を車両にデジタル保存し、自動認証で簡単に充電ステーションを利用できる。

同機能を利用する条件は、対応するプロバイダーが、Hubjectのヨーロッパ全域をカバーするeRoamingネットワークに接続されていることのみだ。

BMWグループは、9月12日からベルリンで開催されるIntercharge Network Conferenceで、「Multi Contract Plug&Charge」機能を初めて公開デモンストレーションする。

【参照ページ】
(原文)Charging without an app and card: BMW Group introduces Plug & Charge function and is the first manufacturer to integrate multiple charging contracts in the car.
(日本語訳)アプリとカードなしの充電: BMW グループはプラグ & チャージ機能を導入し、複数の充電契約を車に統合した最初のメーカーです。

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る