Verra、VCS規格のバージョン4.5をリリース

Verra、VCS規格のバージョン4.5をリリース

8月29日、VerraはVerified Carbon Standard(VCS)プログラムの更新を発表した。VCS基準バージョン4.5(PDF)の変更と、関連するVCSプログラム文書の更新版は、プログラムの使いやすさ、透明性、完全性を強化し、Integrity Council for the Voluntary Carbon Market (ICVCM)やCarbon Offsetting Reduction Scheme for International Aviation (CORSIA)など、世界の主要な炭素市場のイニシアティブと整合させるものである。

ユーザビリティの向上につながる更新には、VCSプロジェクト・テンプレートの新バージョンが含まれる。登録・発行プロセスの多くのセクションも明確になった。また、Verified Carbon Units(VCU)の市場性を強化する以下2つの新しいラベルが利用可能になった。

  • 温室効果ガス(GHG)排出削減量に基づく VCU と二酸化炭素除去量に基づく VCU を明確に区別するラベル
  • パリ協定第6条に基づき使用が認められたクレジットを識別するラベル

登録・発行プロセスの更新には、プロジェクト文書の公表、パイプラインの掲載、Verraの審査と要請拒否手続き、損失事象とバッファーの解放手続きに関するプロセスの明確化が含まれる。関連するVerraレジストリの今後の変更により、プロジェクト要請がVCSプログラムへの登録を拒否された理由がより明確に示されることになる。

VCS規格のバージョン4.5および関連するVCSプログラム文書のいくつかの変更により、プログラムの整合性が強化され、ICVCMおよびCORSIAを含むイニシアティブとの整合性が確保される。これらの更新には以下が含まれる。

  • 環境・社会セーフガードの強化
  • 将来の気候変動の影響を考慮した非永続的リスクの保留の増加(新しい農林業・その他の土地利用[AFOLU]非永続的リスクツールのデジタル化されたバージョンは、今後数ヶ月の間にリリースされる予定である。)
  • 最小限の永続性モニタリングの延長(40年)に関する新たな要件
  • 製品の代替など、上流のGHG排出を削減する活動に対する割引係数の追加
  • VCSプログラムまたは認定要件に適合していないバリデーション/検証機関(VVB)に対する制裁手順と復活費用

【参照ページ】
(原文)Verra Releases Version 4.5 of the VCS Standard 
(日本語参考訳)ベラ、VCS規格バージョン4.5をリリース

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る