HSBC、セメント、鉄鋼、自動車、航空セクター向けの融資による排出削減目標を発表

 

2月22日、世界的な銀行・金融サービス企業であるHSBCは、セメント、鉄鋼・アルミニウム、自動車、航空など、当行の融資ポートフォリオの中で最も排出量の多いセクターにおける融資排出量の削減を目指す、一連の新たな目標を発表した。

また、今年後半に銀行全体のネット・ゼロ移行計画を発表する予定であり、中間および長期の気候変動目標を戦略、プロセス、政策にどのように組み込むつもりかを概説すると発表した。

HSBCの新しいセクター目標には、2019年基準で、セメントセクターのオンバランスシート融資による排出強度を28%、鉄鋼・アルミニウムを42%、航空を25%、自動車を65%削減する2030年の目標が含まれている。本目標は、IPCCの専門家による分析に基づき、地球温暖化の温度上昇を1.5℃に抑えるために必要な経路をベースにしている。

新しい目標は、HSBCが昨年発表した石油・ガスおよび電力・公益事業部門に対する初の部門融資による 排出削減目標に続くものである。さらに最近、同行は、新規の石油・ガスプロジェクトには融資を行わないという新たな方針を発表し、融資を継続するためには、エネルギー部門の顧客に対し、気候目標に合致した移行計画の提出を求めることにした。

本目標を発表した声明の中で、HSBCは、2050年またはそれ以前にネット・ゼロ・バンクになるという野心の一環であり、同行の目標はこれらの部門の顧客の脱炭素化と将来の成長機会の解放を支援することであると述べている。

今後、HSBCは、海運、農業、商業用不動産、住宅用不動産を含むセクターの追加目標を発表する予定であると述べている。

【参照ページ】
(原文)HSBC sets net zero aligned targets to reduce financed emissions from oil and gas, power and utilities sectors
(日本語参考訳)HSBC、セメント、鉄鋼、自動車、航空セクター向けの融資による排出削減目標を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る