農水省、食品・農林水産業向けのTCFDガイダンス公表

農林水産省

6月3日、農林水産省は、食品事業者を対象とした気候関連情報の開示に関する実践的なガイダンス「食料・農林水産業の気候関連リスク・機会に関する情報開示(実践編)」を公表した。昨年、情報開示の必要性を中心に解説した「入門編」に続く2作目である。

本ガイダンスは、事業者がつまずきやすいシナリオ分析を豊富な図を用いて解説しており、視覚的にも分かりやすい内容となっている。また、大企業と中小企業に応じて情報開示の流れを提示し、開示項目を明確化した。さらに、農業生産者向けには対策を分野別に一覧化し、農林水産省が作成した脱炭素化技術資料を技術の種類と成熟度で整理し、提示している。

【参照ページ】
「TCFD提言に基づく気候関連リスクの情報開示の手引書(実践編)」の公表について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る