メルカリと東京大学、「メルカリ」の取引による温室効果ガスの削減貢献量を算出

メルカリと東京大学、「メルカリ」の取引による温室効果ガスの削減貢献量を算出

[2024/5/14 更新] 削減貢献量、環境負荷量に関する数値の修正を記事末尾に追記しました。

8月8日、メルカリと国立大学法人東京大学インクルーシブ工学連携研究機構は、フリマアプリ「メルカリ」の取引を通じて生まれた温室効果ガス(GHG)の削減貢献量の算出を行った。

メルカリでは限りある資源が大切に使われる循環型社会の実現を目指し、事業や企業活動を通じてさまざまな取り組みを実施している。今般、その活動の一環としてメルカリと東京大学RIISE社会連携研究部門「価値交換工学」は合同で、「メルカリ」の取引を通じて生まれた削減貢献量の算出を行った。

なお、「価値交換工学」は東京大学RIISEとメルカリの研究開発組織「mercari R4D」が世界中の人々がフェアでスムーズな価値交換を行える社会の実現を目指し2019年に設置した研究部門である。本取り組みは、「価値交換工学」の研究「持続可能な消費・生産の実現に向けた製品・サービスシステムの利用:中古製品の消費価値」の一環として行っている。

「衣類(レディース・メンズ・キッズ・ベビー)」、「スニーカー(レディース・メンズ・キッズ)」、「電子機器(PC・スマートフォン・タブレット)」、「本・漫画・雑誌」、「CD・DVD・BD(ブルーレイディスク)」5つのカテゴリーを対象に削減貢献量の算出を行った結果、「メルカリ」を通じて日米合計で年間約53万トンの温室効果ガスの排出を回避できることがわかった。これは東京ドーム約220杯分の容積に相当する。

カテゴリー別でみると、「メルカリ」で年間取引量が最も多い「衣類」単体では年間約43万トンの温室効果ガスの排出を回避することができた。これは、「衣類」の取引1件あたりの削減貢献量に換算すると、約9.3kgに相当する。 

【カテゴリー別「メルカリ」の取引を通じて生まれた削減貢献量】

  • 衣類:426,952トン(JP:360,472トン、US:66,481トン)
  • スニーカー:50,902トン(JP:40,283トン、US:10,619トン)
  • 電子機器(PC・スマートフォン・タブレット):32,580トン(JP:23,166トン、US:9,415トン)
  • 本・漫画・雑誌:16,418トン(JP:15,985トン、US:433トン)
  • CD・DVD・BD:3,007トン(JP:2,915トン、US:92トン)

【カテゴリー別「メルカリ」の取引を通じて生まれた1件あたりの削減貢献量】

  • 衣類:約9.3kg
  • スニーカー:約14.9kg
  • 電子機器(PC・スマートフォン・タブレット):約27kg
  • 本・漫画・雑誌:約0.7kg
  • CD・DVD・BD:約0.3kg

なお、今回の削減貢献量の算出に当たっては、当該カテゴリーで取引された商品が新品の代わりに利用されることで温室効果ガスの排出を回避できると仮定し、生産・流通・使用・廃棄などの製品ライフサイクルを考慮し、メルカリのお客さま同士の配送に係る温室効果ガス排出量や、メルカリのお客さまアンケート結果から算出した使用頻度や使用年数等を用いて推計している。

また、メルカリで不要品が出品されたことで回避できた衣類廃棄量(重量)は日本だけでも約4.3万トンであった。これは日本で1年間に捨てられる衣類の重量48万トンの約9%に相当する。

使わなくなった衣類も、捨てずにメルカリで出品したり購入したりすることによって、環境負荷を減らし、循環型社会の実現に近づくことができる。


[2024/5/14 修正]

■カテゴリー別「メルカリ」の取引を通じて生まれた削減貢献量
【修正前の数字】
衣類:426,952トン(JP:360,472トン、US:66,481トン)
スニーカー:50,902トン(JP:40,283トン、US:10,619トン)
電子機器(PC・スマートフォン・タブレット):32,580トン(JP:23,166トン、US:9,415トン)
本・漫画・雑誌:16,418トン(JP:15,985トン、US:433トン)
CD・DVD・BD:3,007トン(JP:2,915トン、US:92トン)

【修正後の数字】
衣類:428,951トン(JP:362,665トン、US:66,285トン)
スニーカー:50,610トン(JP:40,120トン、US:10,490トン)
電子機器(PC・スマートフォン・タブレット):32,688トン(JP:23,267トン、US:9,421トン)
本・漫画・雑誌:16,301トン(JP:15,905トン、US:397トン)
CD・DVD・BD:3,010トン(JP:2,920トン、US:91トン)

■カテゴリー別 「メルカリ」の取引を通じて生まれた1件あたりの削減貢献量(衣類のみ修正)

【修正前の数字】衣類:約9.3kg

【修正後の数字】衣類:約9.4kg

【参照ページ】
メルカリと東京大学、「メルカリ」の取引による温室効果ガスの削減貢献量を算出

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る