環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した。

当事例集は、環境DDへの取組方法が分からない企業や、既に環境DDに取り組んでいるがさらに取組を発展させたいと考えている企業が、他の日本企業の取組事例を知り、参考にすることを想定している。環境DDとは、企業が施設や跡地を保有する際、環境リスクの程度を事前に調査するプロセスのことである。当事例集は、欧州域内・域外の大企業に対して、バリューチェーン全体での環境・人権DDを義務化する動きや、OECDが昨年6月に「責任ある企業行動に関する多国籍企業行動指針」を改訂するなど、国際的な環境DDの重要性の高まりを受けたものである。

当事例集では、2021年公表の初版で示された環境DDのプロセス別の事例紹介に加えて、OECDの指針において環境への負の影響が例示されたことも踏まえ、環境への負の影響のカテゴリー別にも取組事例を追加している。また、環境への負の影響に対処するため、バリューチェーンにおける事業者の支援方法という観点での取組事例や、複数の環境への負の影響に対して統合的な対応を行う企業についても紹介している。さらに、環境問題と人権問題のつながりに関するコラムも追加している。

【参照ページ】
(原文)環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集の更新について

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る