岸田政権、非財務情報の開示ルール策定へ。4月以降にルール作りに向けた報告書を発表

岸田政権、非財務情報の開示ルール策定へ。4月以降にルール作りに向けた報告書を発表

岸田首相は月刊文芸春秋2月号への寄稿において、有価証券報告書の非財務情報の開示充実に向け、金融審議会で専門的な検討を求めると言及した。任意開示の報告書も含めた人的資本の価値評価基準についても、今年夏には参考指針をまとめるとしている。

非財務情報は、有価証券報告書で開示される財務情報を適切に理解するために記載される記述情報であり、ESG関連のほか、経営戦略やリスク情報などのことを指す。企業の開示情報のうち、非財務情報の開示ルール策定に関する注目は高まっており、2022年中の策定が目指されている。

岸田首相は昨年12月の会見において、非財務情報開示ルール策定の理由を「人の価値を企業開示の中で可視化するため」と説明し、賃上げを促進する狙いとスキル向上、再教育の充実、副業の活用についても言及した。

金融審の開示に関する作業部会はすでに議論を開始しており、4月以降にルール作りに向けた報告書をまとめる見通し。

【参照ページ】
(参考記事)首相肝いりの非財務情報開示ルール策定へ、投資家も期待

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る