SMBC、サーキュラー・プラスチックス・ソリューションズ・ファンドに約14億円を出資

5月29日、サーキュラー・エコノミーに特化した投資家であるClosed Loop Partnersは、米国とカナダにおけるプラスチックの削減、再利用、リサイクルのためのイノベーションとインフラを支援することを目的として、日本の金融機関である三井住友銀行(SMBC)からClosed Loop Circular Plastics Fundに1,000万ドル(約14億円)の出資を行うことを発表した。

2021年5月に立ち上げられた本ファンドは、拡張性のあるリサイクル技術、設備のアップグレード、インフラストラクチャーソリューションなど、循環型プラスチックソリューションへの投資を目的として設定された。本ファンドは、硬質および軟質ポリエチレン(PE)およびポリプロピレン(PP)プラスチックの回収とリサイクルを進めることに重点を置いており、より多くの材料を循環させ、リサイクル材料に対する業界の需要を確実に満たすために追加投資が必要となる。

Closed Loop Partnersは設立当初、ファンドの耐用年数中に5億ポンド(約870億円)以上のプラスチックをリサイクルすることを目標に掲げていた。

SMBCは、Dow、LyondellBasell、NOVA Chemicals、Charter Next Generation、Chevron Phillips Chemical、SK geo centric Co.、SEEなどの投資家に加わり、プラスチックのよりサーキュラー・エコノミーへの移行を目指す。

ファンドは発足以来、AI廃棄物分析プラットフォームGreyparrotへの投資、リサイクル企業Myplas USAへの融資でミネソタ州に17万平方フィートのプラスチックフィルムリサイクル工場の建設を促進、リサイクル・再利用企業Circular Servicesへの株式投資など、さまざまな民間・公共プロジェクトに融資している。

【参照ページ】
米国サーキュラーエコノミーファンド Closed Loop Circular Plastics Fundへの出資について

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る