SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESGファンドについて方針と手続きを実施せず、従わなかったとして、起訴したことを発表した。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(GSAM)は、SECの調査結果を認めることも否定することもなく、告発を解決するために400万ドル(約5億円)のペナルティを支払うことに同意している。

今回の告発は、ESGをテーマにしたGSAMの3つのポートフォリオ、ゴールドマン・サックスESG新興市場株式ファンド、ゴールドマン・サックス国際株式ESGファンド、米国株式ESG個別管理勘定戦略、における2017年から2020年までの方針および手続きの不備に関するもの。SECの調査によると、これらのファンドの失敗は、ESGリサーチに関する文書化された方針を持たなかったこと、また、方針を確立した後もそれに従わなかったことが挙げられる。

今回の告発は、世界中の規制当局がグリーンウォッシュ対策への取り組みを強化していることを受けたもの。また、ドイツ銀行の投資部門であるDWSのCEOは、同社におけるグリーンウォッシングの疑惑に関する調査の一環として、警察が同社のフランクフルト事務所に踏み込んだ翌日に辞任している。

米国、英国、EUなどの主要市場の規制当局は、現在、ESGやサステナビリティをテーマにしたファンドの表示・開示ルールを導入している。

【参照ページ】
(原文)SEC Charges Goldman Sachs Asset Management for Failing to Follow its Policies and Procedures Involving ESG Investments
(日本語訳)SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る