シェル、中国で世界最大級の電解槽によるグリーン水素製造を開始

シェル、中国で世界最大級の電解槽によるグリーン水素製造を開始

1月28日、エネルギー大手のシェルは、中国の張家口市で世界最大級の水素電解装置の稼働とグリーン水素の生産開始を発表した。

この20メガワットの電気分解機は、シェル・チャイナと張家口市交通建設投資控股集団有限公司との合弁事業で、13ヶ月間で完成した。両社は今後2年間でこの設備を60メガワットまで拡大することを予定しており、シェルが中国で行う最初の商用水素開発プロジェクトだ。

水素はよりクリーンなエネルギーへの移行のための重要な構成要素の一つと考えられている。特に風力や太陽光などの再生可能エネルギーによる排出量の削減が困難な分野においては、水素は重要な役割を果たす。

シェル社は、この新しい陸上風力発電施設が冬季オリンピック期間中の競技ゾーンで600台以上の燃料電池車にグリーン水素を供給すると述べている。またオリンピック終了後は、北京・天津・河北地域の公共・商業交通機関の電力供給にも貢献する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Shell starts up hydrogen electrolyser in China with 20 MW production capacity
(日本語訳)シェル、中国で世界最大級の電解槽によるグリーン水素製造を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る