Tetra Pak、Mycorenaと共同で画期的な代替タンパク質プラントを建設

6月15日、Tetra Pakは、Mycorenaと協力して、代替タンパク質ベースの食品用途に向けた真菌発酵のためのグリーンフィールド生産施設を建設する計画を発表した。これは、革新的な食品ソースの探求と進歩を通じて、食の安全・安心にまつわる課題に取り組むというTetra Pakの長期的展望の一環をなすものだ。

スウェーデンのファルケンベルグにある新工場では、菌類から肉の代替品を生産する。工場の第1期では、肉代替製品の原料となるミンチベースの製品を製造する予定である。さらに、Mycorenaは、近い将来、ヨーロッパとアジアの各地に新しい工場を開設し、生産能力を拡大し、地理的な範囲を広げるという野心的な計画を持っている。

世界の温室効果ガス(GHG)排出量の5分の1以上が農業に由来しており、その半分以上が畜産業によるものだ。このような背景から、代替タンパク質は、新しい形の持続可能な食品を設計するための大きな可能性を秘めている。CO2排出量の削減はもちろん、土地や水の使用量も従来のタンパク質と比較して大幅に削減できる可能性がある。これらすべての要因が組み合わさることで、増加する人口に持続可能な方法で食料を供給する道が開かれ、2050年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロを達成するというTetra Pakの野望を支えることができる。

菌類発酵は、革新的な食品発酵の一面であり、古くからある自然のプロセスを利用し、微生物学を用いて微生物を小さな生産センターに変えて、肉、魚介類、乳製品に代わるものを含むタンパク質が豊富な製品を作るものである。このプロセスは、従来の植物性食品の食感や味を改善する役割も果たしている。

Tetra PakとMycorenaの関係は2019年にさかのぼり、食品の安全性、可用性、持続可能性の分野で新しい機会を開くのに役立つイノベーション・エコシステムを構築する同社の推進の一部を形成している。Tetra Pakのイノベーション・ネットワークには、スウェーデン、フランス、米国など、さまざまな国のスタートアップが含まれている。

【参照ページ】
(原文)Tetra Pak collaborates with Mycorena on ground-breaking alternative proteins plant
(日本語訳)Tetra Pak、Mycorenaと共同で画期的な代替タンパク質プラントを建設

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る