Amundi、グリーンボンド・ファンドを販売開始

6月30日、欧州の大手資産運用会社であるAmundiは、企業が発行し、その収益が環境や気候にやさしいプロジェクトの資金として使われるグリーンボンドに投資する新しいアクティブ運用のファンド「Amundi Funds Euro Corporate Short Term Green Bond」を立ち上げると発表した。

本ファンドは、トップダウンとボトムアップの両方の投資アプローチを取り入れ、代替エネルギーや公益事業、金融、運輸、不動産などのセクターから発行される企業の発行体に投資する。また、エネルギー転換を支援しながら、社債による利回りの可能性を投資家に提供する。

グリーンボンドはサステナブルボンド市場の主流であり、昨年はこの分野の発行額の半分以上を占めている。世界のグリーンボンド発行額は2021年に5,000億ドル(約67兆円)を超えて急増したが、市場や地政学的な圧力の高まりに直面し、今年に入り発行額は冷え込んでいる。

Amundiによると、ポートフォリオに選定されたすべてのグリーンボンドは、グリーンボンド発行のための自主的なプロセスガイドラインであるグリーンボンド原則(GBP)に沿っている。また、同ファンドは、融資されたグリーンプロジェクトの実施により回避されたCO2排出量を毎年報告しており、ダイナミック・デュレーション・マネジメントの実施により、金利上昇リスクから投資家を保護することを目的としている。

当ファンドは、Amundi Funds flagship Luxembourg SICAV内で提供されており、ルクセンブルグ、ノルウェー、フランス、ギリシャ、オランダ、オーストリア、英国、フィンランド、スウェーデン、アイルランド、ベルギー、ドイツ、スイス、スペインで登録されている。

【参照ページ】
(原文)Amundi launches corporate green bond strategy
(日本語訳)Amundi、グリーンボンド・ファンドを販売開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る