HSBCとアパレル企業PVH、持続可能なサプライチェーンファイナンスプログラムを開始

6月29日、HSBC銀行USAと、Calvin KleinやTommy Hilfigerなどのファッションブランドを所有するアパレル企業PVHは、PVHのサプライヤーに対し、サステナビリティ評価に基づいて資金を提供する、持続可能なサプライチェーンファイナンスプログラムの開始を発表した。

両社によると、本プログラムは環境と社会の両方の目標に結びついた初のサプライチェーンファイナンスプログラムとなる。

アパレル・ファッション企業にとって、サプライチェーンの問題は、労働や人的資本の問題がある地域にサプライチェーンが集中することによる社会的リスクや、水使用、排水、温室効果ガス(GHG)排出などの環境問題など、サステナビリティに関する重要な課題となっている。PVHのサステナビリティプログラム「Fashion Forward」では、2030年までにサプライチェーンからのGHG排出量を30%削減すること、2030年までにすべてのサプライヤーが社会的・環境的サステナビリティ基準を満たすこと、2025年までにサプライヤーの100%が安全で健全な労働環境を促進することを目標としており、多くの取り組みがそのサプライチェーンを対象としている。

本プログラムのもとでのサプライヤーへの融資は、科学的根拠に基づく一連の環境目標と、健康で安全な労働環境、報酬と福利厚生、強制労働、児童労働、嫌がらせや虐待などの雇用問題を含む社会的要素に結び付けられることになる。パフォーマンス評価は、人権や労働基準に対する施設の労働条件のパフォーマンスを測定するSLCP(Social Labor Convergence Program)や、エネルギー使用、GHG排出、水使用、廃水、廃棄物管理、化学物質管理、環境管理システムなどの要素を評価するSAC (Sustainable Apparel Coalition) のHigg Facility Environmental Moduleなどの業界連携ツールに基づいて行われる予定だ。

【参照ページ】
(原文)PVH Corp. and HSBC Partner on First Sustainable Supply Chain Finance Program Tied to Environmental and Social Factors

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る