TNFD、ベータ版フレームワークの第二版を発表

 

2022年6月28日、自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)は、自然関連リスクと機会の管理と開示のためのベータ版フレームワークの第二版をリリースした。本リリースは、3月の最初の反復リリースに基づき、市場参加者がパイロットテストを開始できるよう、TNFDの測定基準へのアプローチとガイダンスを追加している。

3月に公開されたベータ版フレームワークは、市場参加者から圧倒的な好評を博し、5大陸37カ国にわたる130以上の市場参加者やステークホルダーから500件を超えるフィードバックを受けた。

3月に公開されたTNFDの開示勧告案、中核概念、LEAP(Locate Evaluate Assess Prepare)評価手法に大きな変更はないものの、第二版にはTNFDのタスクフォース(フレームワークを設計している34人のメンバー)が慎重に開発したいくつかの強化点や追加要素が含まれている。

第二版で提案されたアプローチは、評価指標と開示指標を区別しており、主流の財務管理・報告と同様に、報告利用者に開示されるものは、リスク管理及び意思決定に情報を与えるために内部で分析されるもののサブセットに過ぎないことを認めている。

タスクフォースの意図は、今後12ヶ月間のパイロットテストとフィードバックから学び、タスクフォースが2023年9月に最終勧告を発表するまでに、自然関連の依存性、影響、リスク、機会に関する管理可能な一連の開示指標に到達することである。

TNFDは、測定基準と目標設定のための環境は、他の多くの関係者の作業もまだ開発中であることを認識し、データと測定技術、投資家の期待、規制要件の時間的変化に対応できるように、全体的アプローチの一部として、レビュープロセスを推奨している。

さらなるセクター・ガイダンスとシナリオの使用に関するガイダンスは開発中であり、2022年11月と2023年2月に行われるフレームワークの更新の際に、協議用にドラフト形式で提供される予定である。

【参照ページ】
(原文)TNFD releases second iteration beta framework including initial guidance on metrics
(日本語訳)TNFD、ベータ版フレームワークの第二版を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る