PwCサーベイ: 取締役会のESG・サステナビリティ専門知識の大幅な不足が明らかに

 

世界的なプロフェッショナルサービス企業であるPwCが、企業のシニア・エグゼクティブを対象に、取締役会のパフォーマンスに関する見解を調査したところ、多くのエグゼクティブが、企業の取締役会は気候変動やダイバーシティなどのサステナビリティ問題に取り組むための専門知識が不足していると感じており、取締役会は一部の取締役を交代させることが有益であると考えていることが明らかになった。

PwCは、「Board Effectiveness: A survey of the C-suite(取締役会の有効性:C-suiteの調査)」と題して、幅広い業種と企業規模の企業を対象に、CEO、CFO、COO、最高法務責任者、人事責任者、IT責任者、マーケティング責任者など、550人以上の上級管理職を対象に調査を行った。

今回の調査では、経営者は自社の取締役会が重要な戦略課題をしっかりと理解していると考えている一方で、ほとんどの経営者は取締役会の全体的なパフォーマンスを高く評価しておらず、ESGやサイバーセキュリティなどの重要な分野で取締役会に専門性が欠けていると感じていた。経営者の83%は、自社の取締役会が自社の戦略を多少なりとも理解していると回答しているが、取締役会の全体的な有効性を「良い」または「優れている」と評価しているのは29%にとどまった。

取締役会のESGパフォーマンスに対する経営者の見解は特に悪い。取締役会が企業のESGリスクをどの程度理解しているかという質問に対して、「非常によく理解している」と回答したのはわずか12%で、半数以上が「あまり理解していない」または「まったく理解していない」と回答し、どのカテゴリーでも最低のスコアとなった。また、ESGは、取締役会の専門性に関する認識においても最も低いスコアを示した。一方、大多数の経営者は、取締役会が気候(73%)、労働と人権(67%)、ダイバーシティとインクルージョン(59%)などの主要なサステナビリティ課題に十分な時間を割いていないと回答した。

興味深いことに、これらの調査結果は、PwCが最近実施した取締役を対象とした別の調査結果と概ね一致しています。この調査では、主要なESGリスクに関する自社の理解度が非常に高いと評価した取締役はわずか25%であり、ESG問題が取締役会での議論にますます入り込んできていることを示している。

C-Suiteの調査で最も注目すべき結果の一つは、取締役会のリフレッシュの必要性に関する経営陣の見解だ。回答者の4分の3近くが、複数の取締役を交代させる必要があると回答しており、半数以上が、取締役の長期在任がパフォーマンスの低下につながっていると答えている。

また、経営者たちは、自社の取締役会が多様性に欠けていると感じており、人種、民族、あるいは人種的な多様性が十分にあると答えたのは21%、スキルや専門性が適切に組み合わされていると答えたのは29%にとどまった。また経営者は、取締役会の多様性の向上を妨げる要因として、60%が長期在任取締役の退任を渋っていることを挙げた。この結果は、PwCが最近実施した取締役会調査で、取締役は適格な候補者の不足を多様性向上の主な障害としているのに対し、経営者は19%にとどまっていることと対照的だった。

【参照ページ】
(原文)Board effectiveness:A survey of the C-suite
(日本語訳)取締役会のESG・サステナビリティ専門知識の大幅な不足が明らかに

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る