アングロ・アメリカン、海上輸送の脱炭素化を目指す

 

11月5日、世界的な鉱山会社であるアングロ・アメリカン社は、2040年までに同社が管理する海上貨物のカーボンニュートラルを達成し、2030年までにこれらの活動による排出量を30%削減するという新たな目標を含む、海運活動の脱炭素化を目的とした一連の新しい気候変動目標を発表した。

世界中の企業が自社のサプライチェーンにおける気候変動への影響軽減を目指している中、

外航船の持続可能性はますます注目されている。欧州海事安全局によると、海運業は世界の温室効果ガス排出量の3%を占め、沿岸地域や港の近くでは大気汚染の原因にもなっている。

この新しい目標は、アングロ・アメリカンを含む世界の金属・鉱業界の約3分の1が加盟する国際鉱業金属評議会(ICMM)が先月発表した、2050年までにスコープ1および2の温室効果ガス(GHG)排出量をネット・ゼロにすること、およびスコープ3のバリューチェーン排出量の対策を加速することをメンバーが約束したことを受けたものだ。

アングロ・アメリカン社は、2040年までにカーボンニュートラルな鉱山経営を実現し、2040年までにスコープ3の排出量を50%削減することを目標としている。今年初め、アングロ・アメリカン社は、一般炭の採掘からの撤退を完了したことを発表した。これにより、世界の燃料ミックスの中で最も炭素排出量の多いエネルギー源からの撤退となる。

アングロ・アメリカン社は、船舶の改造、航海最適化ソフトウェアの使用、従来の燃料油から持続可能な船舶用燃料への転換を目的とした技術開発の支援など、新たな出荷目標を達成するためのいくつかの取り組みについて説明した。アングロ・アメリカン社は、バイオ燃料、グリーンアンモニア、水素ベースの燃料など、低炭素・ゼロカーボンの代替燃料の開発を促進する業界の取り組みに参加すると述べている。

【参照ページ】
(原文)ANGLO AMERICAN AIMS FOR CARBON NEUTRAL SHIPPING BY 2040
(日本語訳)アングロ・アメリカン、海上輸送の脱炭素化を目指す

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る