Benchmark ESG、ESGレポートとパフォーマンス・トラッキングが可能なプラットフォームを発表

 

クラウドベースのESGソフトウェアソリューションを提供するBenchmark Digital(旧Gensuite)は、企業が新たなサステナビリティ報告義務を果たし、ESGパフォーマンスを管理・追跡することを目的とした新しいデジタルプラットフォーム「ESG Director」を発表した。

この新プラットフォームは、企業が規制当局や投資家などのステークホルダーからサステナビリティプロファイルの改善を求められ、ESG関連の情報開示を求める声が高まっている中で発表された。また、投資家調査では、サステナビリティレポートが投資家の重要な関心事であることが常に指摘されている。

Benchmarkの創業者兼CEOであるR Mukundは、次のように述べている。

「ESG Directorは、今日の市場に存在する重要なニーズから生まれました。企業は、投資に適したESGデータを求める声にさらされており、意味のある進歩を実証し、維持することに強いプレッシャーを感じています。これらの要求を満たすためには、企業はESGを自社の文化や業務に完全に組み込む必要があります。ESG Directorは、企業全体の人材、データ、プロセスを統合することで、この変革を促進します。」

ESG Directorは、ESG活動とデータのハブとして機能するよう設計されており、機能別に標準化・自動化されたESGデータ管理を提供し、KPIの追跡、目標のモニタリング、情報開示、ステークホルダーとのコミュニケーションを簡素化する。このプラットフォームは、GRI、TCFD、SASBなどの一般的なフレームワークに沿ったレポーティングを可能にし、統合されたマテリアリティ評価や産業セクターごとのトラッキングとベンチマーキングの機能も備えている。

【参照ページ】
(参考記事)Benchmark Launches ESG Director™, Empowering Companies to Report, Drive and Sustain ESG Outcomes
(日本語訳)Benchmark ESG、ESGレポートとパフォーマンス・トラッキングが可能なプラットフォームを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る