サウスウエスト航空、DOEが支援するサステナブル航空燃料(SAF)プロジェクトに投資

6月1日、サウスウエスト航空は、低コストでサステナブルな航空燃料の製造技術の試験的実用化を目指す新会社、SAFFiRE Renewablesへの出資を発表した。

SAFFiRE(Sustainable Aviation Fuel From Renewable Ethanolの略)は、エタノール技術企業のD3MAXが設立し、米国エネルギー省(DOE)が先進バイオ燃料技術の開発を通じて輸送時の排出量削減を目指すプロジェクトの一環として支援している。

サステナブル航空燃料(SAF)は、現在、世界の温室効果ガス排出量の2~3%を占める航空産業の脱炭素化を支援する重要なツールの一つと考えられている。SAFは一般的に、廃油や農業残渣など、持続可能な資源から生産する。SAFFiREは、DOEの国立再生可能エネルギー研究所(NREL)が開発した技術を活用し、広く利用されている廃棄物原料であるトウモロコシの茎葉からSAFを生成することを目的としている。DOEの技術で製造したSAFは、化石燃料に比べて温室効果ガス(GHG)排出量を最大84%削減できると期待されている。

DOEは昨年、SAFの商業化につながる技術のスケールアップを目指し、D3MAXにSAF製造に関する唯一のパイロットスケール助成金を交付した。またサウスウエストは、DOEの助成金と同額を寄付し、技術検証、予備設計、パイロットプラントの事業計画などを含むプロジェクトの第1段階を支援すると発表した。施設では、トウモロコシの茎葉から1日あたり10トンのエタノールを生産し、持続可能な燃料技術・生産企業であるLanzaJet社がSAFにアップグレードする。

DOEの技術により、従来のジェット燃料を大きく下回る2.75ドル/ガロンの最低燃料販売価格(MFSP)でSAFを生産できる見込みである。また、SAFFiREは、2040年までにSAFの年間生産能力を70億ガロン以上にする目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)SOUTHWEST AIRLINES INVESTS IN SUSTAINABLE AVIATION FUEL PILOT PROJECT SUPPORTED BY THE DEPARTMENT OF ENERGY
(日本語訳)サウスウエスト航空、DOEが支援する持続可能な航空燃料プロジェクトに投資

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る