TotalEnergies、Adani Green Energy との合弁でインド再エネ市場に400億円を投資

12月27日、インドを拠点とする再生可能エネルギー開発・運営会社Adani Green Energy Limited(AGEL)は、フランスのエネルギー大手TotalEnergiesとの合弁事業が完了したことを発表した。TotalEnergiesは3億ドル(約400億円)を出資し、1GWを超える太陽光・風力発電プロジェクトのポートフォリオの50%を保有する。

当初2023年9月に発表された本JVは、インド政府が2022年に設定した一連の2030年気候変動公約(排出強度を45%削減し、非化石ベースの電源による電力を約50%に移行させるという公約を含む)を受けて、再生可能エネルギーへの投資を拡大し続ける中で誕生した。

本JVは、インドにおける1050MWの太陽光・風力発電プロジェクトのポートフォリオを有し、その中にはすでに稼働中の300MW、建設中の500MW、開発中の250MWの資産が含まれる。

本JVの立ち上げは、TotalEnergiesによる2021年のAGEL株式20%取得や、2020年に設立された3GWの太陽光発電の運営を目的とする最初の合弁事業など、両社間の一連の提携・取引における最新のものである。TotalEnergiesはまた、2022年にAGELの親会社であるアダニのグリーン水素に特化した事業であるAdani New Industries Ltd(ANIL)の株式25%を取得することも発表した。

【参照ページ】
(原文)Adani Green Completes JV With TotalEnergies Raises USD 300 Million
(日本語参考訳)TotalEnergies、アダニ・グリーン・エナジーとの合弁でインド再エネ市場に400億円を投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る