SBTi、手続きの改定を発表、企業の気候変動削減目標承認が急増

12月20日、科学的根拠に基づく削減目標イニシアティブ(SBTi)は、2021年に1,000社、2022年に2,000社を超え、2023年12月時点で4,000社以上の企業が気候変動に関する削減目標の承認を受けたことを発表した。SBTiは、承認プロセスを迅速化するための手続きの変更を行い、内部体制の拡充により目標承認の待ち時間が半減したと報告している。

今回の変更では、目標提出フォーマットが改定され、初期提出時には以前よりも詳細な情報が必要とされる。具体的には、スコープとカテゴリー毎の排出量データ、データの情報源、データ収集プロセスに関する前提などが初期提出で必要とされ、これにより内部審査や申請企業とのコミュニケーションが効率化されることが期待されている。新フォーマットは、2024年2月1日以降の申請提出から義務適用され、それ以前の提出についても新フォーマットが推奨されている。

また、SBTiは「SBTi基準評価指標」を発行し、内部審査での基準を詳細に説明している。これにより、申請企業が必要な観点を理解しやすくなり、SBTiからの説明の手間が減少することが期待されている。この指標は、短期目標、ネットゼロ基準、FLAG、セクター固有の基準などを包括している。

さらに、「SBTi目標検証手順」の文書も発行され、既存の「短期目標のための目標検証プロトコル」と「コーポレート・マニュアル」を統合し、説明が分散していた状態を是正した。一部のコーポレート・マニュアルの内容は、2024年に新文書に正式に統合される予定である。

【参照ページ】
(原文)Driving efficiencies in the SBTi target validation process
(日本語参考訳)SBTiターゲット検証プロセスの効率化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る