Accenture・Microsoft、気候変動・ESGソリューションを共同開発

6月2日、Microsoft、Accentureおよび両社のデジタル、クラウド、アドバイザリーサービスとソリューションの合弁会社であるAvanadeは、企業がサステナビリティの主要課題に取り組むためのソリューション提供を目的とした新しいパートナーシップを発表した。

本パートナーシップは、企業がネット・ゼロへの移行を加速するための、オペレーション・製品・サービス・バリューチェーンの変革支援に焦点を当て、将来的には他のESG課題への取り組みにも焦点を広げていく予定だ。両社によると、ライフサイクルでの炭素排出量が少ないソリューションの共同開発に投資して、企業が排出量を削減し、新しいエネルギー源に移行し、廃棄物を削減または排除するためのアドバイザリーサービスを提供する。

本提携は、MicrosoftとAccentureがそれぞれ最近、企業向けのサステナビリティ関連サービスに一層注力すると表明したことを受けている。 Microsoftは最近、クラウドベースのサステナビリティ・スイート「Cloud for Sustainability」を発表し、 Accentureは過去数カ月間にESGに焦点を当てた一連の買収を行い、アクセンチュア・サステナビリティ・サービス部門を設立している。また、両社はグリーンソフトウェア財団の立ち上げでも協力している。

本提携では、製造業における資産活用の改善や循環型社会の実現に向けたソリューション、エネルギーのバリューチェーンにおける業務やサービスの変革を可能にするソリューション、持続可能なITインフラやグリーンソフトウェア・エンジニアリングのソリューションなどの主要分野におけるサービス開発に注力する。また、今回のパートナーシップは、バリューチェーン全体におけるESGの測定、分析、パフォーマンスについて、Microsoft Cloud for Sustainabilityを用いた共同ソリューションの開発にも重点を置く予定だ。

【参照ページ】
(原文)Accenture, Microsoft and Avanade expand partnership to help organizations tackle their greatest sustainability challenges
(日本語訳)アクセンチュアとマイクロソフト、気候変動・ESGソリューションを共同開発

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る