HubSpot、2040年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロを約束

HubSpot、2040年までにバリューチェーン全体でネット・ゼロを約束

CRMソリューションプラットフォームのHubSpotは、2040年までにバリューチェーン全体で温室効果ガス(GHG)排出量をネット・ゼロにするという新たなコミットメントを発表した。

本コミットメントと同時に、HubSpotはScience Based Targets Initiative(SBTi)から排出削減目標の検証を受けたことも発表した。検証された目標には、2030年までにスコープ1と2のGHG絶対排出量を従業員1人当たり47%削減し、出張によるスコープ3のGHG排出量を55%削減するという同社の短期目標、2027年までに購入品とサービス、資本財を対象とする支出別にサプライヤーの70%が科学的根拠に基づく目標を持つようにするという目標、さらに2040年までにスコープ1、2、3のGHG絶対排出量を90%削減するという長期目標が含まれ、これらはすべて2019年を基準年としている。

SBTiの認証により、HubSpotは2040年までにネット・ゼロを達成することを約束した400社強のうちの1社になったという。

これには、再生可能エネルギーへの切り替え、オフィススペースの最適化、エネルギー効率の高い技術の導入、新しいビルの賃貸契約におけるサステナビリティ基準の導入などによるビルの持続可能化、ハイブリッド・ワークをより持続可能なものにし、従業員がカーボンフットプリントを理解し、対処できるようにすることを目的とした最近開始された社内カーボン計算クイズなど、従業員自身がカーボンフットプリントを削減するためのリソースの提供、科学的根拠に基づく目標の設定をサプライヤーに奨励することことなどが含まれる。

【参照ページ】
(原文)HubSpot Accelerates Climate Commitment with 2040 Net-Zero Carbon Pledge
(日本語参考訳)HubSpot、2040年ネット・ゼロ・カーボン宣誓で気候変動への取り組みを加速

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る