欧州7カ国、2035年までに電力システムで脱炭素化を宣言

12月18日、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、ルクセンブルク、オランダ、スイスの7政府は、2035年までに相互接続された電力系統を脱炭素化するという共同目標を発表した。

本合意は、オランダが2023年議長を務めるペンタラテラル・エネルギー・フォーラムの傘下で成立した。排出枠が急速に減少していることを考慮すると、2040年までに欧州の電力システムはほぼ脱炭素化すると予想される。今回の合意により、各国は本マイルストーンを見据え、電力部門の脱炭素化を5年早め、よりスムーズな移行を目指す。また、緊密な協力と同時進行により、地域全体の潜在的な炭素リーケージも緩和される。

協力体制により各国は、インフラの共同計画、コスト効率・知識の共有を行いやすくなる。重要な課題は、脱炭素化された電力の十分な生産だけでなく、地域全体のエネルギーの円滑な輸送と取引を確保した上での十分なエネルギー貯蔵である。将来の電力システムには、多様なグリーンエネルギー源やピーク需要に対応し、最終的には石炭やガスによる発電所が不要になるような十分な柔軟性が求められる。

【参照ページ】
(原文)Group of European countries aim to decarbonize their electricity system by 2035
(日本語参考訳)欧州7カ国、2035年までに電力システムで脱炭素化を宣言

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る