エネルギー分析の新興企業Amperon、約30億円を調達

エネルギー分析の新興企業Amperon、約30億円を調達

10月3日、AIを活用してエネルギー市場のエネルギー使用量と供給量を予測するAmperon Holdingsは、シリーズB資金調達で2,000万ドル(約30億円)を調達したと発表した。

2018年に設立されたヒューストンに本拠を置くAmperonは、エネルギー市場参加者のためにAIを活用した電力分析を構築し、情報に基づいた意思決定、エネルギー利用の最適化、グリッドのサステナビリティ向上を可能にしている。

同社によると、今回の投資により、Amperonは電力需要予測プラットフォームから包括的なデータ分析ソリューションへと拡大し、風力や太陽光などの断続的な再生可能エネルギーを不安定化させることなく系統電力供給に組み込むために必要なデータを系統運用者に提供できるようになる。より強固なエネルギーデータ分析は、送電網の脱炭素化にも役立つ。

Amperonの収益は2021年以降5倍に成長し、従業員も4倍に増えた。同社は、新市場への進出に伴い、エンジニア、データサイエンティスト、カスタマーサポート、営業職の増員を計画している。

本ラウンドはEnergize Capitalが主導した。その他の参加者には、D. E. Shawグループ、Veriten、既存投資家のHSBC Asset Managementが含まれる。Amperonの長年の顧客であるØrstedともう1社の戦略的ユーティリティ・パートナーも本ラウンドに参加した。これでAmperonの資金調達総額は3000万ドル(約44億円)となった。

【参照ページ】
(原文)Amperon Raises $20 Million Series B to Accelerate Energy Analytics and Grid Decarbonization
(日本語参考訳)エネルギー分析の新興企業Amperon、約30億円を調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る