ホーメル・フーズ、バリューチェーンの排出量削減に向けた新目標を発表

ホーメル・フーズ、バリューチェーンの排出量削減に取り組む

10月4日、世界的なブランド食品会社であるホーメル・フーズは、2019年を基準年として、2030年までに温室効果ガス(GHG)排出量を事業所から50%、サプライチェーンから27.5%削減するという目標を含む、一連の新たな気候変動目標を発表した。

同社は、温室効果ガス削減目標が科学的根拠に基づく目標イニシアティブ(SBTi)によって検証されたと述べ、目標は平均気温上昇を1.5℃に抑えるというパリ協定の野心に沿ったものであると付け加えた。

食品・飲料部門の排出量は、世界の温室効果ガス排出量の約3分の1を占め、その大部分は、企業の事業活動からの「直接」排出ではなく、食品・飲料企業のサプライチェーンからの排出であるため、対策が最も困難なもののひとつである。

ホーメルはさらに、2022年に9億3,600万kWhを超える電力購入契約を通じて、国内の再生可能エネルギーによる電力調達を10%未満から昨年は100%に増やすなど、排出量削減のための取り組みを詳述した。

【参照ページ】
(原文)Hormel Foods Commits to Reducing Greenhouse Gas Emissions 50% by 2030
(日本語参考訳)ホーメル・フーズ、バリューチェーンの排出量削減に取り組む

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る