グーグル、欧州全域で700メガワットを超えるクリーンエネルギー契約を締結

グーグル、欧州全域で700メガワットを超えるクリーンエネルギー契約を締結

2月1日、グーグルは、欧州全域で700メガワットを超えるクリーンエネルギーの電力購入契約(PPA)を締結したことを発表した。これにより同社は今後2年間で、オランダ、イタリア、ポーランドなどの地域で90%以上、ベルギーでは85%近いカーボンフリーエネルギーを実現する。

グーグルによると、新契約は、2030年までにすべての事業を24時間365日カーボンフリー・エネルギー(CFE)で賄うという目標に向けた重要な一歩となる。グーグルの親会社であるアルファベットは、2020年に24時間365日CFEを目指すことを発表した。2030年までに全事業をカーボンフリー・エネルギーで運営し、同社が事業を展開するすべての地域において、毎日毎時電力需要とCFE供給を一致させることを目指している。

今回の発表には、オランダの2つの新しい洋上風力発電所、CrosswindとEcowendからの478MWの購入が含まれている。これらの風力発電所は、オランダの年間電力消費量の約6%に相当すると見込まれている。

グーグルはまた、イタリアで陸上風力発電プロジェクトと47MWの長期PPAを締結し、ポーランドで太陽光発電容量106MWの新規PPAを2件、ベルギーで陸上風力発電所11基(合計容量84MW)の送電網への接続を支援する新規グリーンエネルギー契約を2件締結した。

【参照ページ】
(原文)Getting closer to a carbon-free future: Our largest offshore wind projects to date
(日本語参考訳)グーグル、欧州全域で700メガワットを超えるクリーンエネルギー契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る