大手消費財メーカーHenkel、化石原料に代わる再生可能原料をShellから調達

大手消費財メーカーHenkel、化石原料に代わる再生可能原料をShellから調達

1月17日、世界的な消費者ブランドおよび工業製品メーカーであるHenkelは、ランドリー製品に使用する最大20万トンの化石由来原料を再生可能な原料に置き換えることについて、Shellと合意したと発表した。

両社は、今回の合意により、最大12万トンの温室効果ガス排出量(GHG)の削減を見込んでいる。

化石燃料は、大手消費財メーカーが洗浄剤、石鹸、洗剤の製造に使用する主要な原料であり、各社が持続可能性の向上に取り組む上で大きな課題となっている。ほとんどの洗浄剤や洗濯剤には化石燃料を原料とする化学物質が含まれており、通常、製品の二酸化炭素排出量の約半分を占めている。

新しい契約により、Shellは、 Henkelのランドリー製品ブランド(Persil、Purexなど)に使用する再生可能な界面活性剤(洗浄剤の泡立ちや汚れを落とすのに役立つ成分)を北米で生産することになった。 Shellは、ルイジアナ州のShell Energy and Chemicals Park NorcoとShell Geismar Chemicalsの施設で界面活性剤を生産する予定である。

【参照ページ】
(原文)Henkel signs agreement with Shell on renewable-based ingredients for Persil®, Purex® and all® brands

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る