中国とシンガポール、グリーンファイナンスの拡大に向けて提携

中国、シンガポール、グリーンファイナンスの拡大に向けて提携

4月21日、シンガポールと中国の中央銀行であるシンガポール通貨庁(MAS)と中国人民銀行(PBC)は、グリーンファイナンスとトランジションファイナンスに関する協力を深め、アジアの低炭素移行に向けた資金調達を促進するための官民連携を目的とした「中国・シンガポール グリーンファイナンス タスクフォース(GFTF)」の発足を発表した。

GFTFは、MASのチーフ・サステナビリティ・オフィサーのジリアン・タンと、中国グリーンファイナンス委員会委員長のマー・ジュンが共同議長を務め、シンガポールと中国の金融機関やグリーンFinTech企業の上級代表や持続可能金融の専門家で構成されている。

グリーンファイナンスとトランジションファイナンスの流れを拡大することを目的とした新しいタスクフォースの優先協力分野は、「分類と定義」、「商品と手段」、「技術」である。これらの最初のワークストリームで発表されたイニシアティブには、持続可能な経済活動を定義するシンガポールと中国のタクソノミーの相互運用性の実現や、中国とシンガポール間のグリーンボンドやトランジションボンド商品の発行や相互アクセスを含むサステナビリティボンド市場の連結性の強化が含まれる。

また、シンガポールを拠点とするMetaverse Green Exchangeと北京Green Exchangeは、炭素クレジットを用いたデジタルグリーンボンドの試験運用を含む、持続可能な金融の導入を促進するためのテクノロジーに特化したワークストリームを設立する予定である。

【参照ページ】
(原文)Singapore and China Establish Green Finance Taskforce to Strengthen Collaboration in Green and Transition Finance
(日本語訳)シンガポールと中国、グリーン・ファイナンス・タスクフォースを設立し、グリーン・ファイナンスとトランジション・ファイナンスにおける協力関係を強化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る