Nordea、ネット・ゼロ戦略推進に向け気候・環境チームを発足

Nordea、ネット・ゼロ戦略推進に向け気候・環境チームを発足

1月17日、北欧を拠点とする金融サービス企業Nordeaは、ネット・ゼロ目標に向けた融資・投資活動の進捗とグループ全体の調整を図るため、新たに気候・環境チームを立ち上げると発表した。

昨年、Nordeaは2050年までにネット・ゼロ・バンクを目指すという公約を発表した。また、融資および投資ポートフォリオからの炭素排出量を40~50%削減し、内部炭素排出量を少なくとも50%削減し、炭素貢献量を正とするなどの一連の2030年中間目標も発表している。

Nordeaの新しい気候・環境チームは、Nordea Life & Pensionのサステナビリティ責任者を務めていたPeter Sandahlが率いる。Sandahlは、気候・環境部門の責任者兼グループ・サステナビリティの副責任者に任命された。

【参照ページ】
(原文)Peter Sandahl appointed Head of Climate and Environment
(日本語参考訳)Nordea、ネット・ゼロ戦略推進に向け気候・環境チームを発足

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. SBTi、気候目標の基準設定と検証部門を分離し、信頼性を高める

    2023-9-20

    SBTi、気候目標の基準設定と検証部門を分離し、信頼性を高める

    9月13日、企業の環境サステナビリティ行動を気候変動の抑制という世界的目標に合致させることに焦点を…
  2. EU委員会、すべての金融商品にサステナビリティに関する開示を義務付けることを検討

    2023-9-20

    EU委員会、すべての金融商品にサステナビリティに関する開示を義務付けることを検討

    9月14日、EU委員会は、持続可能な金融情報開示に関するコンサルテーションを開始すると発表した。 …
  3. マース、2030年までにバリューチェーン全体で排出量半減を約束

    2023-9-19

    マース、2030年までにバリューチェーン全体で排出量半減を約束

    9月14日、スナック菓子、食品、ペットケア製品を提供するマースは、2030年までにバリューチェーン…

アーカイブ

ページ上部へ戻る