オーストラリア、UNFCCCに新たな排出量目標を提出

6月16日、オーストラリア政府は、気候変動に関する国際連合枠組条約(UNFCCC)事務局に対し、最新の「国別決定拠出金(NDC)」を提出した。これはパリ協定の下でのオーストラリアの義務の一部である。

更新されたNDCは、以下の通りだ。

①2030年までに温室効果ガス排出量を2005年比で43%削減する。これはオーストラリアの前回の2030年目標より15%ポイント増加。
②2050年までに排出量をゼロにするというオーストラリアの約束を再確認する。
③政府はこれらの目標に向けた進捗状況を毎年国会に報告することを約束する。
④オーストラリア気候変動局を独立した政策提言の場として復活させる。

これは、気候変動危機に対処するために、行動を緊急に強化し、世界のパートナーとともに働くという政府の決意を反映するものである。政府は、ネット・ゼロへの移行を推進するために、経済全般にわたって新たな政策を実施する。これらの政策は以下の通りである。

①既存の排出削減プログラムを基礎とする
②オーストラリアの産業界に包括的で一貫した政策の枠組みを与える。
③オーストラリアの家庭、企業、コミュニティがネット・ゼロへの移行によってもたらされる機会を受け入れることを奨励する。

【参照ページ】
(原文)Australia submits new emissions target to UNFCCC
(日本語訳)オーストラリア、UNFCCCに新しい排出目標を提出

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る