Fidelity、恵まれない学生への教育支援のため約321億円を拠出

 

1月17日、投資運用会社Fidelityは、十分な教育を受けていない学生に教育へのアクセスとサポートを提供することを目的とした、新しい社会貢献活動「インベスト・イン・マイ・エデュケーション(ME)」の開始を発表した。

Fidelityの2億5,000万ドル(約321億円)の出資により開始された本プログラムは、最初の5年間で最大5万人の学生に支援を提供する。

Fidelityによると、本プログラムは、中等教育後の教育とトレーニングに焦点を当て、学生の奨学金と、学位プログラムを修了するためのリソースや卒業後の就職への道筋などの継続的なサポートを組み合わせたものになる。本プログラムの成功は、学生の大学修了率、学生ローンなしで卒業できる能力、高収入の仕事を確保できる能力に基づいて評価される。

本プログラムの主な構成要素は、Fidelity奨学金プログラムで、学生が成功への障害を克服し、大学や修了証書プログラムを無借金で卒業できるよう支援するための個人奨学金、修了間近で授業料や学費の未払いが原因で退学の危機にある学生を支援するための機関助成、エコシステム構築助成、黒人やラテン系、その他十分な教育を受けていない高校生や大学生の卒業率向上に取り組む主要非営利組織向けの助成が含まれる。

本プログラムは、まずボストン、ローリー/ダーラム、ダラス/フォートワースの3地域で開始され、今夏には最初の学生集団を特定する予定である。

Fidelityは、UNCFを含む複数の戦略的パートナーと協力し、本イニシアティブの活動を周知し、最も必要としている学生や地域社会にリソースを提供すると述べている。

【参照ページ】
Fidelity Investments Launches Invest In My Education (ME)SM, Providing Access to Education and Support to Historically Underserved Students

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る