Morningstar、「ESGコミットメントレベル評価」発表 8社が最高位「リーダー」を獲得

2月10日、金融情報世界大手の米Morningstarが、運用会社を対象とした「ESGコミットメントレベル評価」の最新版を発表した。評価は、投資思想、ESGインテグレーション・プロセス、経営資源、議決権行使・エンゲージメントの観点から、運用会社単位でのESGレベルを4段階の格付けで評価している。

今回、最高位である「リーダー」を獲得したのは前回同様8社であった。また、レビューでは6社の格付けが変わった。コムジェスト、フィデリティ・インターナショナル、ピクテの3社が1ランク上がり、「アドバンスト」に格付けされた。ジャナス・ヘンダーソンとマン・グループは1ランク上がり、「ベーシック」となった。さらに、今回初登場のノルデア・アセット・マネジメントは「アドバンスト」と評価された。

評価対象となった運用会社は97社で、地域内訳は米国42社、英国22社、オーストラリア18社、欧州12社、フィンランド、カナダ、シンガポールが各1社である。

大手運用会社の中では、アムンディ、カンドリアム、ヌビーン、シュローダー、HSBCアセット・マネジメント、BNPパリバ・アセット・マネジメント、ウェリントン・マネジメント、アクサ・インベストメント・マネージャーズ、フェデレーテッド・ハーミーズが「アドバンスト」に、ブラックロック、ステート・ストリート・グローバル・インベスターズ、T.ロウ・プライス、ピムコ、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント、JPモルガン・アセット・マネジメント、インベスコ、ドイチェ・アセット・マネジメント、キャピタル・グループ、アリアンツ・グローバル・インベスターズ、アバーディーンが「ベーシック」に、バンガード、フィデリティ・インベストメンツ、PGIM、イーストスプリング・インベストメンツが「ロー」に評価された。

【参照ページ】
(原文)5 Asset Managers Earn Upgraded ESG Commitment Level Ratings
(日本語参考訳)5つのアセット・マネージャーがESGコミットメント・レベルの格上げを獲得

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る