Partners Group、エネルギー効率化プラットフォームBudderflyに約700億円を投資

パートナーズグループ、エネルギー効率化プラットフォーム「Budderfly」の過半数株式取得のため5億ドル(約700億円)を投資

7月11日、世界的なプライベートマーケット投資家であるPartners Groupは、エネルギー効率化技術プロバイダーであるBudderflyの過半数株式の取得と成長資金の提供に5億ドル(約700億円)を出資し、同社を数十億ドル規模のインフラプラットフォームへと成長させることを目指すと発表した。

Budderflyは、エネルギー需要や消費の測定、削減、管理を可能にするソリューションを企業や組織に提供している。同社のEnergy-as-a-Service(EaaS)プラットフォームは、プロジェクトリスクや費用負担なしに、エネルギー効率の改善と使用量の削減を即時に保証するものだ。同社は顧客と長期契約を結び、エネルギーコスト削減分を収益とする。Budderflyは、エネルギー効率化技術のアップグレードに関する包括的なポートフォリオの設計、統合、設置、全額出資を行い、顧客のエネルギー使用量を管理・監視している。

今回の投資は、費用対効果の高い脱炭素ソリューションに対する市場需要の高まりを受けて行われた。Budderflyは、過去数年間で売上高が毎年2倍以上になるなど、急成長を遂げている。

Partners Groupは、同社の継続的な成長の支援を目的として、今回の投資で追求する一連の主要なイニシアティブを概説した。その中には、販売能力の拡大と新規サイト設置の実行、顧客サービスの拡大、ソフトウェア、分析、ネットワーク技術への投資、さらなる相乗効果をもたらす戦略的買収などが含まれる。

【参照ページ】
(原文)Partners Group acquires a majority stake in Budderfly, further accelerating the growth of the most comprehensive Energy–as–a–Service provider in North America 
(日本語訳) パートナーズグループがバダーフライ社の株式の過半数を取得し、北米で最も包括的なEnergy-as-a-Serviceプロバイダーの成長をさらに加速させる

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る