Shell・Accenture・Amex GBT、SAF普及に向けた世界初のデジタルソリューションを開始

6月20日、Shell(シェル)、Accenture(アクセンチュア)、アメリカン・エキスプレス・グローバル・ビジネス・トラベル(アメックスGBT)は、持続可能な航空燃料(SAF)の購入と拡大、出張による排出への対処を目的とした新しいソリューション「Avelia」を立ち上げると発表した。

航空機は、温室効果ガス(GHG)排出の重要な原因として注目されており、世界の排出量の2~3%を占め、多くの企業のスコープ3排出(企業が直接コントロールできない排出量)の大部分を占めている。

SAFは、航空業界の脱炭素化を支援する重要なツールのひとつと考えられている。SAFは一般的に、廃油や農業残渣などの持続可能な資源から製造され、従来の燃料と比較して最大80%の温室効果ガス排出量の削減が可能である見込み。しかし、SAFの供給はまだ非常に限られており、生産の規模を拡大するためには多額の投資が必要である。また、SAFは現在、従来のジェット燃料の2~8倍の価格となっている。

Aveliaは、ブロックチェーンを活用したブック&クレームモデルを採用しており、出張者が出発空港でSAFを入手できない場合でも、SAFの代金を支払い、環境メリットを請求できるようにする。本ソリューションは、シェルとアクセンチュアがEnergy Web Foundation(EWF)の支援を受けて開発したもので、アメックスGBTの出張管理サービスを利用して、世界19,000社の顧客のSAFに対するグローバルな需要を集約している。

【参照ページ】
(原文)Shell, Accenture and Amex GBT launch one of the world’s first blockchain powered digital book-and-claim solutions for scaling sustainable aviation fuel (SAF)
(日本語訳)Shell・Accenture・Amex GBT、持続可能な航空燃料の普及のため、ブロックチェーンを活用した世界初のデジタルソリューションを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る