アクセンチュア/WEFレポート: サステナブル経営の実践が収益性を大きく向上させる

Accenture

世界的なプロフェッショナルサービス企業であるアクセンチュアと世界経済フォーラム(WEF)は、サステナビリティに焦点を当てた経営管理手法と価値創造との関連性を調査した新しいレポート「Shaping the Sustainable Organization」を発表した。本レポートでは、効果的なESGプラクティスを導入している企業は、平均して20%以上高い収益性を生み出しているという強い関連性が示されている。

これは、ESGの改善が収益性とのトレードオフを示す「ゼロサム」であることを懸念する


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る