グーグル、ユナイテッド航空の約300億円の持続可能な航空ベンチャーファンドに参加

グーグル、エンブラエルがユナイテッド航空の約300億円の持続可能な航空ベンチャーファンドに参加

2月14日、ユナイテッド航空は、持続可能な航空燃料(SAF)に特化した投資ファンド、ユナイテッド航空ベンチャーズ(UAV)サステイナブル・フライト・ファンドに新たに複数の企業パートナーを加え、同ファンドへの出資額が2億ドル(約300億円)を超えたことを発表した。

新たなパートナーには、エアキャッスル、ニュージーランド航空、Embraer、グーグル、HIS、Natixis CIB、Safran Corporate Ventures、Technip Energiesが含まれる。

SAFは、現在世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2~3%を占める航空業界の脱炭素化を支援する重要な手段のひとつと考えられている。SAFは通常、廃油や農業残渣などの持続可能な資源から製造される。SAFの生産者は、この燃料は従来の燃料に比べてライフサイクルGHG排出量を85%削減できると見積もっている。

2023年に設立された同ファンドは、SAFの研究、技術、生産に焦点を当てた新興企業への投資と支援を行う。当ファンドは、SAF供給の拡大を支援するため、新技術、先進的燃料源、実績のある生産者に優先的に投資する。これまでの投資先には、藻類からバイオ燃料を製造するViridos社、炭素回収・除去技術を提供するSvante社などがある。

航空会社、航空機メーカー、エンジンメーカー、燃料メーカーから、エンジニアリングや技術の専門家、金融業者、旅行管理業者まで、航空サプライチェーン全体の企業を含む。

ユナイテッド航空は、カーボン・オフセットに頼ることなく、2050年までに温室効果ガスの排出を完全に削減することを約束し、将来的に50億ガロン以上のSAFを生産するための投資で業界をリードしている。

【参照ページ】
(原文)United Adds New Corporate Partners to Sustainable Flight Fund That Now Exceeds $200 Million
(日本語参考訳)ユナイテッド航空、2億ドルを超えるサステナブル・フライト基金に新たな企業パートナーを追加

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る