Netflix、女性や多様な人種・民族の従業員比率が50%を突破

Netflix、女性や多様な人種・民族の従業員比率が50%を突破

大手エンターテインメントサービス企業のNetflixは、インクルージョンの進捗状況のアップデートとして米国および世界の従業員の構成に関する情報を公開した。本データでは、女性が全世界の従業員および指導者の半数以上を、またマイノリティ人種や民族の出身者が米国の従業員の半数以上を占めている。

全体としては、2020年に8,000人だった従業員が2021年には約10,000人に増加した。性別では2020年に48.7%であった全世界の従業員の女性比率は現在51.7%となり、ディレクター以上の役職では47.8%から51.1%に上昇した。また同社のシニア・リーダーシップ・チームのメンバー22名のうち10名が女性だ。

Netflixは、米国従業員の人種・民族データも収集しており、歴史的に排除されてきた民族的・人種(アジア人、黒人、ヒスパニックまたはラティーノ、中東または北アフリカ人、ネイティブアメリカン、太平洋諸島人を含む)が、2020年の47%未満から50.5%に増加したと述べている。

Netflix社のインクルージョン戦略担当副社長であるバーナ・マイヤーズ氏は、今回のアップデートを発表するにあたり、採用担当者や雇用管理者を対象としたインクルーシブ採用トレーニングの拡大やインクルージョンおよび帰属意識の文化向上への取り組み、インクルージョン戦略チームの拡大など、同社が推進する取り組み状況も説明した。

【参照ページ】
(原文)Our Progress on Inclusion: 2021 Update
(日本語訳)Netflix、女性や多様な人種・民族の従業員代表率が50%を突破

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る