デロイトとIBM、サステナビリティ・ソリューションの協業を開始

11月27日、世界的なプロフェッショナル・サービス企業であるデロイトとハイテク大手のIBMは、両社のサステナビリティ・ソリューションを活用し、企業による排出削減戦略及びサステナビリティの成果向上、持続可能な変革の合理化の支援に向け、新たなグローバル協業を発表した。

デロイトによると、本提携により、クライアントは複数のIBMソリューションを活用し、IBM Envizi ESG SuiteのデータをデロイトのGreenLightソリューションと統合できるようになる。

IBMは、AIを活用したESGソリューション能力を強化する取り組みの一環として、2022年に環境パフォーマンス・データおよびアナリティクス・ソフトウェア・プロバイダーのEnviziを買収した。本プラットフォームは、企業がESGデータを単一の記録システムに取り込み統合した後、温室効果ガス(GHG)排出量計算を実施。脱炭素プロジェクトを支援するデータ主導の洞察を提供するのを支援する。

デロイトは2022年初め、GreenLightソリューションを立ち上げ、グローバルクレジット、インセンティブ、優先順位付けされた削減戦略に関する分析、ネット・ゼロ目標やロードマップの戦略的計画、管理、経済性の最適化のためのツールなど、組織の排出削減戦略の構築を支援することを目的としたAIベースの脱炭素化ソフトウェアツールを提供している。

【参照ページ】
(原文)Deloitte and IBM Collaborate to Help Organizations Accelerate Sustainability Outcomes
(日本語参考訳)デロイトとIBM、サステナビリティ・ソリューションの協業を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る