デロイトとIBM、サステナビリティ・ソリューションの協業を開始

11月27日、世界的なプロフェッショナル・サービス企業であるデロイトとハイテク大手のIBMは、両社のサステナビリティ・ソリューションを活用し、企業による排出削減戦略及びサステナビリティの成果向上、持続可能な変革の合理化の支援に向け、新たなグローバル協業を発表した。

デロイトによると、本提携により、クライアントは複数のIBMソリューションを活用し、IBM Envizi ESG SuiteのデータをデロイトのGreenLightソリューションと統合できるようになる。

IBMは、AIを活用したESGソリューション能力を強化する取り組みの一環として、2022年に環境パフォーマンス・データおよびアナリティクス・ソフトウェア・プロバイダーのEnviziを買収した。本プラットフォームは、企業がESGデータを単一の記録システムに取り込み統合した後、温室効果ガス(GHG)排出量計算を実施。脱炭素プロジェクトを支援するデータ主導の洞察を提供するのを支援する。

デロイトは2022年初め、GreenLightソリューションを立ち上げ、グローバルクレジット、インセンティブ、優先順位付けされた削減戦略に関する分析、ネット・ゼロ目標やロードマップの戦略的計画、管理、経済性の最適化のためのツールなど、組織の排出削減戦略の構築を支援することを目的としたAIベースの脱炭素化ソフトウェアツールを提供している。

【参照ページ】
(原文)Deloitte and IBM Collaborate to Help Organizations Accelerate Sustainability Outcomes
(日本語参考訳)デロイトとIBM、サステナビリティ・ソリューションの協業を開始

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る