SBTi 、金融機関のネット・ゼロ・ファイナンスの基準策定プロセスを始動

 

4月12日、Science Based Targets initiative(SBTi)は、金融機関のネット・ゼロ目標の設定と評価のための基準確立を目的とした新しい論文「Foundations for Science-Based Net-Zero Target Setting in the Financial Sector」を発表した。

本論文は、 昨年SBTiが立ち上げた「Net Zero Standard」を基に、特に金融機関向けに設計された基準へと移行している。金融機関向け Net Zero Standard の最終版は、2023年初頭に開始される予定である。

本論文では、誓約の対象となるサービスの範囲、目標達成のための緩和策や戦略、スコープ3排出量の包含・除外などの違いを強調している。また、金融機関の目標がネット・ゼロに到達するために満たすべき2つの主要な条件を示している。すなわち、すべての融資を温暖化を1.5度に抑える経路と一致させること、および大気から同量のCO2を永久に除去する活動への融資を通じて残留排出を中和することである。
他にも、オフセットやカーボンクレジットの利用、化石燃料の段階的な廃止アプローチなど、セクターの問題について言及している。

【参照ページ】
Science Based Targets initiative launches net-zero finance standard development process with Foundations paper

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る