MasdarとAIIB、ウズベキスタンでの太陽光発電プロジェクト3件への出資に成功

4月7日、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)のエネルギー転換加速融資(ETAF)プラットフォームの下、Masda(マスダール)とアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、ウズベキスタンの3つの太陽光発電プロジェクトに資本参加することに合意した。

本プロジェクトは中央アジア最大の太陽電池開発プロジェクトであり、今後数ヶ月の間に、合計で約90万kWの発電所の建設が開始される。

ウズベキスタンは、2030年までに太陽光発電7GW、風力発電5GWを達成し、その時点で電力需要の25%を再生可能エネルギーで賄うことを目標としている。シェラバード、サマルカンド、ジザフの3つのソーラープロジェクトがフル稼働すると、100万人以上の人々に電力を供給し、毎年100万トン以上の二酸化炭素を排出しないことが期待される。

IRENAが管理するETAFプラットフォームは、革新的な金融ソリューションにおけるパートナーの実証済みの実績を活用し、IRENAのメンバー国にインパクトを与えるもの。マルチステークホルダー型気候変動資金調達プラットフォームは、2030年までに開発途上国で5ギガワットの新規再生可能エネルギー発電の導入を目標に掲げている。

【参照ページ】
(原文)Under IRENA’s ETAF, Masdar and AIIB Reach Financial Close on 3 Uzbek Solar Projects
(日本語訳)IRENAのETAFのもと、MasdarとAIIBがウズベキスタンでの太陽光発電プロジェクト3件への出資に成功

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る